MENU

代理店型とダイレクト型の違い

代理店型 ダイレクト型

店舗型 ダイレクト型

代理店型 ネット型

代理店型 ネット型 保険料

 

自動車任意保険には代理店型とダイレクト型というのがあります。

 

最近テレビコマーシャルでよく見かけるのはダイレクト型が多いですね。
何が違うのでしょうか?

 

代理店型保険と言うのはそれぞれの地域に店舗を構えており、スタッフの中から担当者が決まります。
何かあればその担当者に連絡をすればいいということになります。
担当者の顔が見えると言う安心感がありますね。
その反面、地域ごとに店舗を構えるコストや多くのスタッフをそれぞれの店舗に常駐させるコストがかかることで、保険料がやや高めであるという面もあります。

 

それに対し、ダイレクト型保険というのはインターネットや電話から申し込むことで中央が一括管理しています。
明確な担当者というのは決まっていませんが、何かあったときに保険会社に連絡した際に担当者が決まりますのでご安心ください。
中央での一括管理なので、各店舗のコストがかからず保険料が安いということで若い方に人気があります。

 

店舗型、ダイレクト型ともにどちらがいいとは言えません。良い面も悪い面もあるからです。
保険は何かあったときに頼りにならなければ意味がありません。
担当者がいることで安心を得られる人もいらっしゃいます。
しかし、万が一のときに備える保険なので1年掛け捨ての自動車保険の保険料がもったいない。
できるだけ安く加入したいと思われる人もいます。

 

人それぞれなので、どちらがいいとは言えません。
代理店型、ダイレクト型、自分に合うと思う保険会社をお選びください。

 

=>安い自動車保険はこちら