自動車保険 仕組み

MENU

自動車保険の仕組みを簡単説明

自動車保険 仕組み

 

自動車保険には専門的な用語が多くてよくわからない。分からないままに契約して高い保険料を支払っているかもしれません。

 

まずは自動車保険の仕組みを理解しておきましょう。
自動車保険には自賠責保険と任意保険があります。
自賠責保険は強制保険で車検の時に一緒に徴収されていますがご存知ですか?

 

そして自賠責保険は、事故の被害者に対する最低限の保障をするものであり、おそらくこれだけでは足りないのです。

 

そこで登場するのが、任意保険です。
任意保険は自分に対する補償と事故相手に対する補償とがあります。

 

・自分に対する補償@人身傷害や搭乗者傷害:身体に対する補償
          A車両保険:車に対する補償

 

・事故の相手に対する補償B対人補償:身体に対する補償 
            C対物補償:車に対する補償

 

これらの補償をどのくらいつけるかによって、保険料が大きく変わるのです。
自動車保険は事故に対する補償なので、事故相手に対する補償BCは無制限にするのがオススメです。

 

問題は@Aですが、@は最低限3000万円に加入する人が一番多いそうです。保険料と相談して決めましょう。

 

そして1番保険料がアップするのはAの車両保険です。
車両保険は自分の車の修理費などに備えるものですが、最大でも車の価値の分しか保険はおりません。
20万円の価値の車あれば事故で廃車になったとしても新車を購入する費用にはならないのでご注意ください。
車両保険は新車や修理費の高い外車などであれば加入する人は多くなりますが、古い車や買い替えを検討している車にはつけないという方も少なくありません。

 

車の状態と車両保険の保険料のバランスを見ながら考えるといいですね。