任意保険 必要性

MENU

任意保険の必要性

任意保険の必要性

車に乗るならだれでも加入していると思っていた任意保険。
実はそうではないようです。若い人やお金に困っている人は任意保険に加入せずに車を運転している人がいます。実に危険です。

 

任意保険は万が一の事故に備える保険ですが、対人・対物保険でも約3割の方が加入していないそうです。
自分に対する補償である搭乗者保険や車両保険にいたっては、約7割の人が加入していないというデータもあります。

 

任意保険の保険料は、若い人ほど高く40〜50代は安く、高齢者になると再び高くなるように設定されています。
事故を起こす確率が高い分だけ保険料が高いのは仕方ないことです。

 

しかし、保険料が高いからと言って任意保険に何も加入せずに車を運転するのは自殺行為です。車は便利ではありますが、凶器にもなり得ます。
自分は大丈夫だと思って保険に加入しないまま事故を起こした場合、あなたのその後は事故に対する補償の支払いで終わってしまいます。

 

運転するなら任意保険、特に対人・対物補償には加入してくださいね。
あなたの将来を守るために必要な経費です。

 

=>自動車保険の最安値