自賠責保険 任意保険 違い

MENU

自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険 任意保険 違い

 

自動車保険には2種類あります。自賠責保険と任意保険です。
え?2つも入る必要はないんじゃないか?と思われるかと思いますが、明確な違いがあります。

 

それは自賠責保険は強制保険であり、事故の被害者の身体に対する最小限の保険であるということです。
ここで重要なのが、最小限の保障であるということです。
万が一交通事故で死亡させてしまった場合や大きなけがをしてその後働けなくなった場合、1億、2億と億単位の賠償額を請求されるケースも出てきます。

 

しかし自賠責保険で支払われる賠償金は、被害者1人当たりに対し傷害で120万円、後遺障害で75〜4000万円、死亡させた場合でも最高3000万円までとなっています。
しかもこれは満額でた場合であり、これより少ない事もあります。

 

そうすると億単位の請求が来た場合は、自賠責保険だけでは足りないということになるのです。
これを補うために任意保険が必要なのです。

 

自賠責保険に加入しているんだから、任意保険なんて必要ないなんて言っている人の運転する車に乗ってはいけません。とても危険です。