MENU

任意保険の等級引き継ぎと中断証明書について

引き継ぎで安くなる

自動車保険のシステムには、等級というものがあります。
等級は初めて任意保険に加入した時、6等級からスタートします。
1年間無事故で過ごせば翌年は1等級上がって7等級になります。これを
繰り返し、最大20等級になることができます。

 

等級が上がるたびに、保険料の割引率が上がります。20等級にもなると割引率は60%を超えることもあります。任意保険は万が一のために必要ですが、等級があることでできるだけ使わないほうが良いと思いますね。

 

しかしうっかり事故を起こしてしまうこともあります。その時こそ任意保険の出番です。
事故を起こすと事故の種類によって、3等級ダウンだったり、1等級ダウンだったりします。
4等級になると割引なし、3等級になると20%の割り増しとなります。1等級になるとなんと60%の割り増しとなるのです。

 

この等級は、任意保険の会社を変えても引き継ぐことができます。しかし、1等級などの割り増し等級の場合は、事故の多い人と判断されて断られることもあります。

 

さらにこの等級は、家族に引き継ぐことも出来るのです。
親の等級をお子さんに引き継げば、保険料を圧縮することができるのです。
若い人の保険料は高めなので、かなりお得にできますよ。

 

お父さんが20等級なのに、車を手放すからと言って任意保険を捨ててしまうのは勿体ないと思いませんか?また乗るかもしれませんので、中断証明書をもらっておきましょう。
これがあれば、10年間は等級を引き継ぐことができます。

 

この中断証明書があれば、配偶者や同居の家族にも等級をあげることもできるのです。

 

 

=>自動車保険の料金を安くする