ドライブレコーダー 過失割合

ドライブレコーダーと過失割合

保険 ドライブレコーダー

 

車にドライブレコーダーを搭載していますか?
近年問題となっているあおり運転や危険運転に備えるためのドライブレコーダー、その存在意義は大きいです。

 

ドライブレコーダーは交通事故の原因を見つけたり、どちらの過失が大きいのかを確認する時に役立っています。
交通事故を起こした時は誰しも自己防衛反応が働いてしまうので「自分は悪くない」と主張してしまいます。
それは事故の相手もそうです。

 

そんなどちらの過失が大きいかわからない状況になったとき、ドライブレコーダーは第三者の視点で冷静に事故の原因を探ることができます。

 

例えばウインカー。
相手の急な車線変更で交通事故に遭ったとき、相手がウインカーを出していたか出していなかったかによって過失割合が変わります。相手がウインカーを出していた場合は7:3、出していなかった場合は9:1の過失割合になります。

 

これは大きな差です。

 

大手の自動車任意保険の会社ではすでに、ドライブレコーダーの映像をすぐに解析して過失割合を決めるときに役立てています。

 

事故の際、本当に自分に過失がなかったとしてもそれを証明できなければ結局不利になるので、ドライブレコーダーがまだついてない方は早く付けるようにしてくださいね。