車任意保険 等級ダウン

交通事故と等級ダウン

任意保険 等級ダウン

 

自動車事故を起こすと、翌年のノンフリート等級が動きます。
ノンフート等級がダウンすると次の年の保険料が大幅に値上がりします。

 

ノンフリート等級の数字が小さいほど、保険料が高くなります。

 

そして事故の内容によって「3等級ダウン事故」「1等級ダウン事故」「ノーカウント事故」の3つに分かれます。

 

1)3等級ダウン事故
契約車両による交通事故により対人賠償・対物賠償・車両保険が支払われた場合。
1等級ダウン事故・ノーカウント事故以外のものは3等級ダウン事故です。

 

2)1等級ダウン事故
契約車両が盗難・台風・洪水・落書き・イタズラ・窓ガラス破損などによって車両保険が支払われた場合。

 

3)ノーカウント事故
人身傷害・搭乗者傷害の保険金のみが支払われた場合、弁護士費用特約のみが支払われた場合、ファミリーバイク特約のみを使った場合などはノーカウント事故となり、ほかに等級が下がる事故がないなら翌年度は1等級上がります。

 

翌年の保険料が上がるからといって保険を使わずに解決しようとする人もいますが、自動車保険を使ったからと言って必ずノンフリート等級がダウンするわけではないのですね。