車任意保険人身傷害

車の任意保険、人身傷害とは

任意保険 人身傷害

 

自分や同乗者が死傷した場合の治療費・休業損害などを補償するものが人身傷害です。

 

人身傷害は過失割合に関係なく、事故の相手との示談交渉の前に保険金が支払われます。
お金の心配をせずに安心して治療を受けることができるというわけです。

 

最近は無保険で車を運転して事故をおこし、いざという時の貯金もない人もいますから治療費が泣き寝入りになることも。
無い袖は振れないということです。

 

人身障害は「車内のみ補償型」と  「車内+車外保証型」とを選ぶことができます。

 

・車内のみ補償型:契約車両に乗っていた時の事故のみ補償します。  
・車内+車外保証型:記名被保険者とその家族の歩行中や自転車に乗っていた時の自動車事故、他人の車に乗車中の自動車事故なども補償します。

 

人身傷害の上乗せ補償に、搭乗者傷害特約があります。

 

こちらも自分や同乗者が死傷した場合に保険金が支払われますが、保険金の計算方法が人身傷害と異なります。
搭乗者傷害特約には傷害一時金と死亡・後遺障害とがあります。

 

・傷害一時金:自動車事故で怪我をして、事故日からその日を含めて180日以内に入院・通院した場合に支払われます。
・入通院日数
4日以内:1名ごとに1万円
5日以上:1名ごとに10万円

 

・死亡・後遺障害:自動車事故の日からその日を含めて180日以内に死亡または後遺障害が生じた場合に保険金が支払われます。

 

人身傷害は保険金額を上限とした実際の損害額が支払われます。
搭乗者傷害は入院や通院の日数や後遺障害の程度に応じて保険金が支払われます。

 

搭乗者傷害をセットにしておくことで、事故後に速やかに保険金を受け取ることができます。