MENU

1番安い車の任意保険を簡単に探す

車 任意 保険 安い

車 任意保険 安い

自動車 任意 保険 安い

自動車 任意保険 格安

車 任意 保険 激安

 

毎年同じではもったいない

自動車の任意保険は、毎年毎年更新が必要でちょっと面倒でもあります。
かといって「前年度と同じでいいか」と思えるほど、保険料が安いというわけでもありません。

 

面倒だけど、毎年見直しが必要だと思いませんか?

 

実は、簡単に車の任意保険の1番安いところを探す方法があるのです!

 

 

それが自動車保険一括見積もりです!

 

 

インターネットからの一括見積もりで、大手の保険会社もたくさんあります。
1社1社に連絡して見積もりをお願いするという手間を大幅に省くことができます。
見積もりはもちろん無料です。

 

同じ補償内容で一括見積もりが出来るので、保険料の相場はもちろん1番安い保険会社を見つけることも簡単です。

 

1番保険料が安いところにするのもいいですし、少し保険料が高くてもロードサービスが充実しているところにするもいいですね。
とにかくあなたの自動車保険会社選びの役に立ちます!
是非ご活用ください!

 

車 任意 保険 安い

 

 

 

代理店型とダイレクト型の違い

 

代理店型 ダイレクト型

店舗型 ダイレクト型

代理店型 ネット型

代理店型 ネット型 保険料

 

 

 

自動車任意保険には代理店型とダイレクト型というのがあります。

 

最近テレビコマーシャルでよく見かけるのはダイレクト型が多いですね。
何が違うのでしょうか?

 

代理店型保険と言うのはそれぞれの地域に店舗を構えており、スタッフの中から担当者が決まります。
何かあればその担当者に連絡をすればいいということになります。
担当者の顔が見えると言う安心感がありますね。
その反面、地域ごとに店舗を構えるコストや多くのスタッフをそれぞれの店舗に常駐させるコストがかかることで、保険料がやや高めであるという面もあります。

 

それに対し、ダイレクト型保険というのはインターネットや電話から申し込むことで中央が一括管理しています。
明確な担当者というのは決まっていませんが、何かあったときに保険会社に連絡した際に担当者が決まりますのでご安心ください。
中央での一括管理なので、各店舗のコストがかからず保険料が安いということで若い方に人気があります。

 

店舗型、ダイレクト型ともにどちらがいいとは言えません。良い面も悪い面もあるからです。
保険は何かあったときに頼りにならなければ意味がありません。
担当者がいることで安心を得られる人もいらっしゃいます。
しかし、万が一のときに備える保険なので1年掛け捨ての自動車保険の保険料がもったいない。
できるだけ安い任意に加入したいと思われる人もいます。

 

人それぞれなので、どちらがいいとは言えません。
コスト面で考えるとダイレクトの通販型が安いことが相対的にいえます。
代理店型、ダイレクト型、自分に合うと思う保険会社をお選びください。

 

=>安い自動車保険はこちら

 

 

 

自動車任意保険のノンフリート等級とは?

 

自動車任意保険は、車に乗る人には必要な保険です。
事故の相手のために加入しているという感覚もありますが、実は自分を守る補償なのです。

 

無保険で事故を起こした場合、相手に傷害が残るような大けがをさせてしまったら一生をかけて支払いを続けなければならないのです。
そうならないために、必ず自動車任意保険は加入してくださいね。

 

若い人は運転経験も浅くて技術も未熟であろうということで保険料が高く設定されています。

 

しかし1年間無事故であれば等級が6から7等級にあがり、保険料が安くなります。
こうして毎年無事故を続けて行けば最大20等級となり、保険料はかなりお安くなるのです。
このシステムをノンフリート等級と言い、これはたとえ保険会社を変えても引き継ぐことができるのです。

 

では事故を起こすとノンフリート等級はどうなるのでしょうか?
事故の内容によって1等級ダウン、もしくは3等級ダウンして翌年の保険料が上がるのです。
だからこそ、自動車任意保険は1年更新であり毎年見直しをするチャンスがあるというわけです。

 

保険料が高い・・・、もっと安い良い保険があるかも・・・、そう感じたら自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

 

 

任意保険のロードサービス

任意保険 ロードサービス

保険 ロードサービス

自動車保険 ロードサービス

任意保険 ロードサービス 比較

 

自動車任意保険の中にロードサービスというものがあります。
自動車保険と言えば事故の時だけというイメージがありますが、事故以外の自動車のトラブルにも役に立つサービスがロードサービスです。

 

・バッテリー上がり
・カギの閉じ込め
・パンク
・ガス欠
・車が動かなくなった

 

こんなトラブルの場合は、JAFに連絡するという人が多かったのですが今は任意保険の中に付帯していることもあります。
他社との差別化にロードサービスに力を入れている保険会社もあります。

 

1年更新の任意保険の中で事故に遭う確率よりも、車が故障したりパンクする確率のほうが高いのではないでしょうか?
自動車任意保険のロードサービスはそれぞれの会社で微妙に違います。

 

例えば、バッテリー上がりに対して、何度でも対応してくれる会社もあれば保険期間中1回だけのところもあります。
車が動かなくなった場合にレッカー移動させる場合にも無料距離にも差があります。
あと、車が故障してしまった場合に帰宅が困難な時は宿泊費用が出るところもあります。
小さな差ですが、何かの時にはきっと役に立つことでしょう。

 

ロードサービスの嬉しいところは、使用しても等級が上がらない。
つまり翌年に保険料が上がってしまう心配がありません。心強いですね。

 

保険料も大切ですが、決め手がないときはロードサービスで比較してみるのもアリですよ。
最近では通販でも安い料金でロードサービスがついているので心強いです。

 

 

 

任意保険の必要性

 

任意保険の必要性

車に乗るならだれでも加入していると思っていた任意保険。
実はそうではないようです。若い人やお金に困っている人は任意保険に加入せずに車を運転している人がいます。実に危険です。

 

任意保険は万が一の事故に備える保険ですが、対人・対物保険でも約3割の方が加入していないそうです。
自分に対する補償である搭乗者保険や車両保険にいたっては、約7割の人が加入していないというデータもあります。

 

任意保険の保険料は、若い人ほど高く40〜50代は安く、高齢者になると再び高くなるように設定されています。
事故を起こす確率が高い分だけ保険料が高いのは仕方ないことです。

 

しかし、保険料が高いからと言って任意保険に何も加入せずに車を運転するのは自殺行為です。車は便利ではありますが、凶器にもなり得ます。
自分は大丈夫だと思って保険に加入しないまま事故を起こした場合、あなたのその後は事故に対する補償の支払いで終わってしまいます。

 

運転するなら任意保険、特に対人・対物補償には加入してくださいね。
あなたの将来を守るために必要な経費です。

 

一覧にしてみると任意もかなり費用が安くなる場合がありますので年払いや項目の入れ替え、本人限定などの運転者の限定をして無料見積もりを使って予算に合うものを見つけてください。
最近では走行距離が短ければ安い、長ければ高いというプランが有ります。走行距離が伸びるので運転手のリスクも上がるからですね。

 

 

 

任意保険の等級引き継ぎと中断証明書について

引き継ぎで安くなる

自動車保険のシステムには、等級というものがあります。
等級は初めて任意保険に加入した時、6等級からスタートします。
1年間無事故で過ごせば翌年は1等級上がって7等級になります。これを
繰り返し、最大20等級になることができます。

 

等級が上がるたびに、保険料の割引率が上がります。20等級にもなると割引率は60%を超えることもあります。任意保険は万が一のために必要ですが、等級があることでできるだけ使わないほうが良いと思いますね。

 

しかしうっかり事故を起こしてしまうこともあります。その時こそ任意保険の出番です。
事故を起こすと事故の種類によって、3等級ダウンだったり、1等級ダウンだったりします。
4等級になると割引なし、3等級になると20%の割り増しとなります。1等級になるとなんと60%の割り増しとなるのです。

 

この等級は、任意保険の会社を変えても引き継ぐことができます。しかし、1等級などの割り増し等級の場合は、事故の多い人と判断されて断られることもあります。

 

さらにこの等級は、家族に引き継ぐことも出来るのです。
親の等級をお子さんに引き継げば、保険料を圧縮することができるのです。
若い人の保険料は高めなので、かなりお得にできますよ。

 

お父さんが20等級なのに、車を手放すからと言って任意保険を捨ててしまうのは勿体ないと思いませんか?また乗るかもしれませんので、中断証明書をもらっておきましょう。
これがあれば、10年間は等級を引き継ぐことができます。

 

この中断証明書があれば、配偶者や同居の家族にも等級をセカンドカーとしての手続きもできるのです。
ゴールド免許になっていれば、価格も安くなりますので、中断が一概に良くないことではないです。また乗るときはぜひ無料見積もりをつかって家族全員の保障を安い価格で契約してくだいね。
CMで有名なところよりもあまり目立っていない会社の方が費用が安い場合があり、満足度も高いことがあります。総合的に判断して賠償責任がもし起きてしまったときに備えましょう。

 

 

 

 

任意保険と等級制度

 

任意保険と等級制度

 

任意保険に加入するときには、等級という制度があります。
これは毎年契約更新となる任意保険の等級制度自動車任意保険において重要なシステムです。

 

等級制度により、保険料の割引率が変わるのです。

 

一番最初に加入するときは6等級からスタートとなります。1年間無事故で保険を使用しなければ一等級あがって7等級となり保険料が少し安くなります。
これを毎年繰り返してずっと無事故であれば最大20等級となり、ここまで来るとかなり保険料が安くなるのです。

 

では事故を起こして任意保険を使用した場合は?というと、3等級ダウン。
もしくは1等級ダウンとなり翌年の保険料があがるというシステムです。
3等級か1等級かは起こした事故の程度によって違います。

 

このように自動車任意保険の保険料を管理するために、等級制度は欠かせないものとなっています。
ちなみのこの等級は、他の保険会社に変えるときでも引き継ぐことができます。

 

ニッセイからチューリッヒ、ソニー損保などに切り替えても等級は戻ってくるというか引き継がれますので、継続して加入できる範囲です。
窓口販売の場合は価格が高めになってしまうこともあるのでスマホで検索出来る時代ですし、オドメーターをチェックして証書として届けないといけなかったりするので、ネットで申し込みが便利です。
インターネット割引が1万円近くあるものも登場してきています。一度ネット検索の無料見積もりでいくらかかるのかざっくりチェックするとらくらく選ぶことが出来ます。

 

 

 

自賠責保険と任意保険の違い

 

自賠責保険 任意保険 違い

 

自動車保険には2種類あります。自賠責保険と任意保険です。
え?2つも入る必要はないんじゃないか?と思われるかと思いますが、明確な違いがあります。

 

それは自賠責保険は強制保険であり、事故の被害者の身体に対する最小限の保険であるということです。
ここで重要なのが、最小限の保障であるということです。
万が一交通事故で死亡させてしまった場合や大きなけがをしてその後働けなくなった場合、1億、2億と億単位の賠償額を請求されるケースも出てきます。

 

しかし自賠責保険で支払われる賠償金は、被害者1人当たりに対し傷害で120万円、後遺障害で75〜4000万円、死亡させた場合でも最高3000万円までとなっています。
しかもこれは満額でた場合であり、これより少ない事もあります。

 

そうすると億単位の請求が来た場合は、自賠責保険だけでは足りないということになるのです。
これを補うために任意保険が必要なのです。

 

自賠責保険に加入しているんだから、任意保険なんて必要ないなんて言っている人の運転する車に乗ってはいけません。とても危険です。
任意が期限切れになっているなんてことはないようにしましょう。安いものでも必ず入るべきだと思います。簡単見積もりで安いのはどこなのかわかりますので、思い立ったタイミングでチェックするのがいいと思います。

 

 

 

自動車保険の仕組みを簡単説明

自動車保険 仕組み

 

自動車保険には専門的な用語が多くてよくわからない。分からないままに契約して高い保険料を支払っているかもしれません。

 

まずは自動車保険の仕組みを理解しておきましょう。
自動車保険には自賠責保険と任意保険があります。
自賠責保険は強制保険で車検の時に一緒に徴収されていますがご存知ですか?

 

そして自賠責保険は、事故の被害者に対する最低限の保障をするものであり、おそらくこれだけでは足りないのです。

 

そこで登場するのが、任意保険です。
任意保険は自分に対する補償と事故相手に対する補償とがあります。

 

・自分に対する補償
@人身傷害や搭乗者傷害:身体に対する補償
A車両保険:車に対する補償

 

・事故の相手に対する補償
B対人補償:身体に対する補償 
C対物補償:車に対する補償

 

これらの補償をどのくらいつけるかによって、保険料が大きく変わるのです。
自動車保険は事故に対する補償なので、事故相手に対する補償BCは無制限にするのがオススメです。

 

問題は@Aですが、@は最低限3000万円に加入する人が一番多いそうです。保険料と相談して決めましょう。

 

そして1番保険料がアップするのはAの車両保険です。
車両保険は自分の車の修理費などに備えるものですが、最大でも車の価値の分しか保険はおりません。
20万円の価値の車あれば事故で廃車になったとしても新車を購入する費用にはならないのでご注意ください。
車両保険は新車や修理費の高い外車などであれば加入する人は多くなりますが、古い車や買い替えを検討している車にはつけないという方も少なくありません。

 

車の状態と車両保険の保険料のバランスを見ながら考えるといいですね。

 

 

 

 

任意保険の特約

任意保険 特約

 

自動車任意保険には、必要に応じて付帯することが可能な特約というシステムがあります。
特約は各会社によって異なりますので、自分に必要かどうか考えて付帯させると良いですね。
特約をつけると補償内容がより強化されて安心感が増しますが保険料がその分上がるんじゃないかと心配になると思います。

 

ところが特約によって補償内容を限定することも出来ますので保険料が下がるケースもあるのです。

 

保険料の節約になるかもしれませんので、保険を選ぶ際には特約の内容にも目を通しておきましょう。
主な特約を記載しておきます。

 

・運転者家族限定特約
・運転者本人・配偶者限定特約
・メインドライバー特約
・子供特約
・人身傷害補償担保特約
・他車運転危険担保特約
・等級プロテクト特約
・車対車特約
・新車特約
・弁護士費用等担保特約
・対物臨時費用担保特約
・ファミリーバイク特約
・個人賠償責任担保特約

 

ほかにもいろいろありますが、多くの自動車保険会社で目にするものは、運転者家族限定特約や等級プロテクト特約、新車特約、弁護士費用等担保特約、ファミリーバイク特約などです。

 

保険はいざという時のためのものですから安心のためにと思って何でもかんでもつけると、保険料がかなり上がります。
自分に必要か、保険料は支払える額かなど吟味しながら決めましょう。

 

 

 

高齢者の自動車保険

 

最近は高齢者による自動車事故が多くなったと思いませんか?
80歳の運転する車が人の列に突っ込んだり、高速道路を逆走したり。

 

80歳ではあっても40年以上の運転経験があると自分は運転が上手いから免許を返納する必要はないと思っている人が沢山いらっしゃいます。
実際、自分運転が上手いと思うというアンケートも80歳以上の方は「そう思う」という人が圧倒的に多いそうです。

 

しかしそれは運転が簡単なオートマ車であるからであって、その簡単さゆえにアクセルとブレーキの踏み間違えなどというミスで重大な事故を起こしてしまうのです。
ですから高齢者ドライバーであるならば自動車保険には手厚い補償を求める契約をしておきたいものです。

 

しかし自動車保険の保険料が安くなるのは60歳くらいまでで、65歳以上になりますと保険料がだんだんとアップしていきます。

 

運転の技術よりも体の衰えによる判断のミスや運転ミスによる事故が多くなるからです。
自分は大丈夫・・・と無保険のまま車を運転していないでしょうか?

 

さらに家族で高齢だけど自動車保険の保険料が高いから加入していないという方はいないでしょうか?

 

無保険で事故を起こした場合、責任は運転者にあるとはいえ高齢者に無保険で運転させていた家族にも責任がないとは言えません。
もし無保険であるなら、免許を返納するか自動車保険に加入するか選ばなければなりません。

 

保険会社によっては年齢で断られることもありますので、一括見積もりで加入できる保険会社を探してみてはいかがですか?