車任意保険安い

1番安い車の任意保険を簡単に探す

任意保険 安い

任意保険 見積もり

任意保険 相場

任意保険 格安

任意保険 最安値

 

自動車任意保険、毎年いろいろな商品が出ているのをご存知ですか?

 

たとえば「40代の保険料を安く」とか「乗った分だけ」とか「セコムの現場急行サービス」など前年には無かったサービスがどんどん開発されているのです。
保険って結構いろいろ変わるので、見直しをしないで何年も継続しているのは勿体ないかもしれません。

 

保険料も変わるので、当時は一番安かったとしても今は違うかもしれないのです。
簡単に車の任意保険の1番安いところを探すには、自動車一括見積もりがオススメです!

 

いつでも申し込みが出来るインターネットからの一括見積もりで、大手の保険会社もたくさん参加しています。
1社から見積もりを取ってもそれが安いのか高いのかは判断できませんから、数社を比較するのが一番簡単な方法になります。

 

一括見積もりは1社1社の保険会社に連絡をして、見積もりをお願いするという手間を大幅に省くことができます。
見積もりはもちろん無料です。

 

同じ補償内容で一括見積もりが出来るので、あなた自身の保険料の相場はもちろん1番安い保険会社を見つけることも簡単です。

 

車 任意 保険 安い

 

保険料が1番安いところにするのもいいですし、少し保険料が高くてもロードサービスが充実しているところにするもいいですね。
あなたの自動車任意保険会社選びの役に立ちますので、是非ご活用くださいね!

 

連絡したら電話がたくさんかかってきそう・・・と心配される方もいらっしゃるかもしれませんがご安心ください。
ほとんどの会社がハガキや封書などで見積もりを送付してくれます。

 

自動車任意保険は、車に乗る人には必要な保険です。
事故の相手のために加入しているという感覚もありますが、実は自分を守る補償なのです。

 

無保険で事故を起こした場合、相手に傷害が残るような大けがをさせてしまったら一生をかけて支払いを続けなければならないのです。
そうならないために、必ず自動車任意保険は加入してくださいね。

 

 

代理店型と通販型自動車任意保険の違い

 

ダイレクト型 店舗型

 

自動車任意保険には代理店型と通販型というのがあります。
最近テレビコマーシャルでよく見かけるのは通販型が多いですね。通販型はダイレクト型と呼ばれることもあります。

 

この2つ、何が違うのでしょうか?

 

代理店型自動車保険と言うのはそれぞれの地域に店舗を構えており、スタッフの中から担当者が決まります。
何かあればその担当者に連絡をすればいいということになります。
担当者の顔が見えるという安心感がありますね。

 

その反面、地域ごとに店舗を構えるコストや多くのスタッフをそれぞれの店舗に常駐させるコストがかかることで、保険料がやや高めであるという面もあります。

 

それに対し、通販型自動車保険というのはインターネットや電話から申し込むことで中央で一括管理をしています。
明確な担当者というのは決まっていませんが、何かあったときに保険会社に連絡した際に担当者が決まりますのでご安心ください。
中央での一括管理なので、各店舗のコストがかからず保険料が安いということで若い方に人気があります。
店舗型、ダイレクト型ともに良い面も悪い面もあるので、どちらがいいとは言えません。
保険は何かあったときに頼りにならなければ意味がありません。

 

担当者がいることで安心を得られる人もいらっしゃいます。
しかし、万が一のときに備える保険なので1年掛け捨ての自動車保険の保険料がもったいないから、できるだけ安い任意に加入したいと思われる人もいます。

 

代理店型、ダイレクト型、自分に合うと思う保険会社をお選びください。

 

 

自動車任意保険のノンフリート等級とは?

 

ノンフリート等級

 

自動車任意保険ですが、若い人は運転経験も浅くて技術も未熟であろうということで保険料が高く設定されています。
一方運転技術が向上している40代で無事故の人は保険料がかなりお安くなります。

 

これはノンフリート等級という特殊な方法で管理されています。

 

まず一番最初に任意保険に加入した時は、ノンフリート等級は6等級からスタートします。

 

そして1年間無事故であれば等級が6から7等級にあがり、保険料が少し安くなります。
こうして毎年無事故を続けていけば、最大で20等級となり、保険料がかなり下がってお安くなるのです。

 

ノンフリート等級は、たとえ保険会社を変えても引き継ぐことができるのが特徴です。

 

では事故を起こすとノンフリート等級はどうなるのでしょうか?

 

事故の内容によって1等級ダウン、もしくは3等級ダウンして翌年の保険料が上がるのです。
だからこそ自動車任意保険は1年更新であり、毎年見直しをするチャンスがあるというわけです。

 

保険料が高い・・・、もっと安い良い保険があるかも・・・、そう感じたら念のため自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

 

 

任意保険のロードサービス

 

ロードサービス

 

自動車任意保険の中にロードサービスというものがあります。
自動車保険と言えば事故の時だけというイメージがありますが、事故以外の自動車のトラブルにも役に立つサービスがロードサービスです。

 

・バッテリー上がり
・カギの閉じ込め
・パンク
・ガス欠
・車が動かなくなった

 

ロードサービス カギの閉じ込め

 

車のトラブルの場合はJAFに連絡するという人が多かったのですが、今は任意保険の中に付帯していることもあります。

 

他社との差別化にロードサービスに力を入れている保険会社もあります。

 

1年更新の任意保険の中で事故に遭う確率よりも、車が故障したりパンクする確率のほうが高いのではないでしょうか?
自動車任意保険のロードサービスはそれぞれの会社で微妙に違います。

 

例えば、バッテリー上がりに対して、何度でも対応してくれる会社もあれば保険期間中1回だけのところもあります。
車が動かなくなった場合にレッカー移動させる場合にも無料距離にも差があります。
あと、車が故障してしまった場合に帰宅が困難な時は宿泊費用が出るところもあります。

 

小さな差ですが、何かの時にはきっと役に立つことでしょう。

 

ロードサービスの嬉しいところは、使用しても等級が上がらない。
つまり翌年に保険料が上がってしまう心配がないのです。保険料のアップが気になって使えないでは意味がないので実に心強いですね。

 

保険料も大切ですが、決め手がないときはロードサービスで比較してみるのもアリですよ。
最近では通販でも安い料金でロードサービスがついているので、比較の対象にしてみてはいかがでしょう。

 

 

任意保険の必要性と自賠責保険

 

任意保険 必要

 

車に乗るならだれでも加入していると思っている自動車任意保険。
残念ながら実はそうではないようです。

 

自賠責保険に加入しているからと任意保険に加入しない人がいますが、自賠責保険は事故の被害者の怪我・傷害・死亡に備える最低限の補償しかありません。
つまり、車の修理費や自分の怪我などには何の補償もない状態なのです。

 

若い人や年輩の方、お金に困っている人は保険料が高かったり、お金がないなどの理由で任意保険に加入せずに車を運転している人がいますが、実に危険です。

 

任意保険は万が一の事故に備える保険ですが、対人・対物保険でも約3割の方が加入していないそうです。
自分に対する補償である搭乗者保険や車両保険にいたっては、約7割の人が加入していないというデータもあります。

 

任意保険の保険料は、若い人ほど高く40〜50代は安く、高齢者になると再び高くなるように設定されています。
事故を起こす確率が高い分だけ保険料が高いのは仕方ないことです。

 

しかし、保険料が高いからと言って任意保険に何も加入せずに車を運転するのは自殺行為です。車は便利ではありますが、凶器にもなり得ます。
自分は大丈夫だと思って保険に加入しないまま事故を起こした場合、あなたのその後は事故に対する補償の支払いで終わってしまいます。

 

運転するなら任意保険、特に対人・対物補償には加入してくださいね。
あなたの将来を守るために必要な経費です。

 

一覧にしてみると任意もかなり費用が安くなる場合がありますので年払いや項目の入れ替え、本人限定などの運転者の限定をして無料見積もりを使って予算に合うものを見つけてください。

 

最近では走行距離が短ければ安い、長ければ高いというプランが有ります。走行距離が伸びるので運転手のリスクも上がるからですね。

 

 

自動車任意保険の仕組み

 

任意保険 仕組み

 

自動車保険には専門的な用語が多くてよくわからないという方も多いのではないでしょうか?
分からないままに契約して、高い保険料を支払っているかもしれません。

 

まずは自動車任意保険の仕組みを理解しておきましょう。
任意保険は、A事故の相手補償と B自分に対するに対する補償とがあります。

 

そしてさらに@事故の相手の身体に対する補償 A事故の相手の車などに対する補償 B自分の身体に対する補償 C自分の車に対する補償があってそれぞれに専門用語がつけられています。

 

A:事故の相手に対する補償
@対人賠償:身体に対する補償 
A対物賠償:車に対する補償

 

B:自分に対する補償
B人身傷害:身体に対する補償
C車両保険:車に対する補償

 

これらの補償をどのくらいつけるかによって保険料が大きく変わるのですが、オススメは以下の通りです。

 

任意保険 賠償額

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。 
C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。

 

・万が一事故の相手を死亡させてしまったら、億単位の賠償を請求されることもあるので対人賠償は無制限にしましょう。

 

・車で信号やガードレールを壊したり、コンビニに突っ込んだりした場合は修理費用が高額になるので、対物賠償も無制限にしましょう。

 

・最近は無保険で車を運転している人もいますから、そんな相手がお金を自費で払ってくれることは期待できません。人身傷害で備えましょう。

 

・自分の車にローンが残っている方は車両保険に加入しましょう。買い替えや次の車検で廃車にする車などは必要ないかもしれません。

 

 

任意保険の特約

 

任意保険 特約

 

自動車任意保険には、必要に応じて付帯することが可能な特約というシステムがあります。

 

特約は各会社によって異なりますので、自分に必要かどうか考えて付帯させると良いですね。
特約をつけると補償内容がより強化されて安心感が増しますが保険料がその分上がるんじゃないかと心配になると思います。

 

ところが特約によって補償内容を限定することも出来ますので、保険料が下がるケースもあるのです。

 

保険料の節約になるかもしれませんので、保険を選ぶ際には特約の内容にも目を通しておきましょう。
主な特約を記載しておきます。

 

・運転者家族限定特約
・運転者本人・配偶者限定特約
・メインドライバー特約
・子供特約
・人身傷害補償担保特約
・他車運転危険担保特約
・等級プロテクト特約
・車対車特約
・新車特約
・弁護士費用等担保特約
・対物臨時費用担保特約
・ファミリーバイク特約
・個人賠償責任担保特約

 

ほかにもいろいろありますが、多くの自動車保険会社で目にするものは、運転者家族限定特約や等級プロテクト特約、新車特約、弁護士費用等担保特約、ファミリーバイク特約などです。

 

保険はいざという時のためのものですから安心のためにと思って何でもかんでもつけると、保険料がかなり上がります。
自分に必要か、保険料は支払える額かなど吟味しながら決めましょう。